PS5用VRゴーグル「PSVR2」発表!

PS5,PS5関連商品

発売時期発表へ!

いよいよ、プレイステーション5用のゴーグル「PSVR2」が2023年の初頭に発売となることが、プレイステーション公式Twitterで発表がありました!

具体的な発売日の発表はまだですが、発表間近かもしれませんね!

これまでの発表内容

2022年1月5日、ラスベガスで開催された「CES 2022」にて、注目のPS5用VRゴーグル「PSVR2」が発表されましたので、発表内容を紹介させて頂きます!

<PSVR2販売カレンダー> <助け合い掲示板>

現行のPSVRのおさらい

「PSVR2」を紹介する前に、進化したスペックを把握してもらう為、現行の「PSVR」についても触れておきます。

初代PSVRは2016年に販売されました。当時、「バイオハザード7 レジデント イービル」で怖々とプレイしていた方も多いのではないでしょうか(笑)?

初代の「PSVR」のスペックは、ディスプレイ(有機EL)の解像度1920*1080、リフレッシュレート90Hz、120Hz、視野角100度という、非常に当時はハイスペックなゴーグルでした。ただし、やはり高解像度の120Hzはポリゴン数が高いゲームの場合、PS4をもってしてもハード的に処理が厳しい状況でした。しかし、初代PS向けゴーグルとしては非常にゲームのクオリティも高く、ゲームセンターなどの業務用に匹敵するクオリティが、気軽にご家庭で楽しめるということで人気を博しました!

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥24,788(2022/10/03 09:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

PSVR2の特徴

今回CES2022で発表された 「PlayStation VR2(以降PSVR2)」 について記載致します。

「PSVR2」は「PSVR」から基本スペックが大幅に向上しているだけではなく、新たな視覚効果や音響、振動による感覚を刺激する機能も大幅に向上したVRゴーグルになりそうです!

下記、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のバイスプレジデント西野秀明氏のオフィシャルブログ(英語)からの情報となります。

基本スペック

ディスプレイ(有機EL)の4KHDR、解像度4000×2040(片眼:2000×2040px)、リフレッシュレート90Hz、120Hz、視野角110度となり、解像度が「PSVR」の2倍となっています。また、ゴーグル自体のスペック上では、表現されませんが、PS5側の処理能力がPS4から大幅に向上していますので、リフレッシュレートは「PSVR」と数値は一緒でも、よりスムーズな描画が期待できます!

表示方法OLED
パネル解像度片目あたり2000×2040ピクセル
リフレッシュレート90Hz、120Hz
レンズの分離調整可
視野角約110度
センサーモーションセンサー:6軸モーションセンシングシステム(3軸ジャイロスコープ、3軸加速度計)
アタッチメントセンサー:赤外線近接センサー
カメラヘッドセットとコントローラートラッキング用の4台
アイトラッキング用赤外線カメラ2台
フィードバックヘッドセットの振動
PS5との接続USBType-Cケーブル
オーディオ入力:内蔵マイク
出力:ステレオヘッドホンジャック

新機能

西野氏のブログでは、「PSVR2」には下記の新たな新機能が追加され、より高い没入感でプレイが楽しめると記載されています。

視線トラッキング(Eye Tracking)+中心窩レンダリング(Foveated Rendering)

ゴーグル内部には、ユーザの目の動きを検出する「アイトラッキング(視線トラッキング)」が備わっています。

「アイトラッキング」と「中心窩レンダリング 」を組み合わせることによって、ユーザが見ている視線の先の解像度を上げ、見ていない部分の解像度、処理を落とすことを実現します。PS5のスペックを持っても、将来的にはポリゴン処理能力が間に合わないゲームも出てきます。その様な場面では、ユーザの視線の中心領域を高解像度とし、ユーザがほとんど見えていない領域は低解像度にして、PS5側の処理負担を減らす機能となります。ただし、アイトラッキングを採用すると、プレイ前にゲームユーザ毎のキャリブレーション(個人ごとの最適化)が必要になってくると予想しています。

ヘッドセットフィードバック(Headset Feedback)

「ヘッドセットフィードバック」は、ゲーム内のイベント時の反応をゴーグルを振動させることによって、よりリアリティのあるゲーム感覚に近づける機能となります。PS5のDualSense ワイヤレスコントローラーの「アダプティブトリガー・ハプティックフィードバック」が頭でも感じられるとお考え下さい。更に、振動による感触だけではなく、プレーヤーからのゲーム内アクションの感覚を増幅する新しい感覚機能です。Ch数はまだ非公開ですが「3Dオーディオ」も搭載されています。

これらの機能によって西野氏の表現を例に例えると、「飛行機が上空を飛行する際のリアリティ」や「主人公が緊張した際の心臓の鼓動を感じ取る」ことで、高い臨場感、リアリティを感じながらゲームを楽しめる様です!

PSVR2 Senseコントローラー

人間工学に基づいてデザイン、設計された専用のコントローラーも提供されます!(恐らく別売り?)

PS5のDualSenseコントローラーが持つ機能をほぼ取り込むことはもちろん、新たな触覚フィードバックや指をボタンに乗せているかどうかのタッチセンサー、追跡リング機能による、これまでに無かった体験を可能にする新感覚のコントローラーになるということです。もちろん、Bluetoothによるワイヤレス仕様です!

その他情報

新作VRソフトのティザー動画

「PSVR2」用に開発されているゲーム「Horizon Call of the Mountain」のティザー動画が公開されています。これのゲームの世界にVRで没入できると思うと、今から楽しみになります!PS5/PS4向け最新作の『Horizon Forbidden West 』はこちら>>

追加情報や競合製品

2022年7月26日発表の新機能、PSVR2向け新作ゲームソフト情報はこちらでご確認を!

西野氏の説明だと、今回公開された情報は製品の一部の情報のみということで、追加の情報がとても気になります。「PSVR2」で唯一残念だったのが、PS5とケーブルで接続する仕様となってしまったことです。より開放感、ゲームへの没入感を楽しむためには、Meta(Facebook)社の「Oculus Quest 2(Meta Oculus2)」の様なワイヤレスを期待してしまいます。(こちらはメタバース向けか…)しかし、高解像度な大容量データを遅延無く楽しむ為には、致し方ない仕様になったのかもしれませんね。

created by Rinker
Oculus
¥55,514(2022/10/03 09:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

発売時期について

「PSVR2」の気になる発売は2023年初頭と発表があったので、2023年1月後半あたりの発売と予想しています。「PSVR」の時と同様に、今回も品薄で入手が難しくなる可能性もあります。更にPS5同様に半導体不足と転売屋の暗躍による入手困難に拍車が掛かるでしょう。当サイトでは「PSVR2」に関しても、日本全国の皆様と情報共有しながら、定価購入を支援する予定です!
店頭先着順のゲリラ販売は、PS5同様に、ヨドバシカメラビックカメラノジマエディオンが最有力になりそうです!クレジットカード💳作成がまだの人は早めに準備をしておきましょう!

販売カレンダー

少し早いですが、発売と共に販売カレンダーを用意致します!「PSVR2」にも期待しましょう!

店舗
秋葉原
新宿西
梅田
札幌
仙台
郡山
宇都宮
新潟
甲府
上野
新宿東
錦糸町
町田
吉祥寺
八王子
新都心
川崎
上大岡
横浜
千葉
名古屋
京都
博多
PSVR2向け販売カレンダー

pc_rakuten_bannersp_rakuten_banner

イオンカード、今ならポイント付与大増量キャンペーン中です👇